古本屋の始めかた:神奈川古書組合より

                  川崎支部 ブックスマイル 西野俊幸
 私は現在61歳でインターネット販売専門の古書店を営んでいます。
もとは、サラリーマンで60歳まで会社員として働いていました。
このまま、60歳過ぎても在籍してもいい会社でしたが、若いころから
60歳以降は、自分の好きなように生きていこうと思っていました。
もっと正直に言うと、人に最終判断を仰がずに、自分で最後まで
決めることができることがしたいと考えていました。
しかし、いろんなものを50歳過ぎあたりからのぞいてみたのですが、
なかなか自分にしっくりくるものはありませんでした。
 5年程前に、半ばあきらめかけていた頃、学生時代に友達とよく行っていた、
神保町へいく機会ができました。そのときは古本屋を見にいったわけではなく、
当時の仕事の取引先への訪問でした。
 その取引先に最寄りの駅から歩いていく間に40年近くも前によく通った
街並みがあらわれました。神保町の古本屋街です。
懐かしい思いに駆られながら、仕事の商談後、一軒の古書店の入り口をくぐると、
そこは友達と一緒に英文学の古本をさがしまわったお店でした。
ひとしきり、日常の仕事のことを忘れて古書を手にとってはページをめくりました。
 その後、その場の感傷をもったまま、ある本屋で古物商の始め方という本を買い、
読みふけっているうちに、「そうだ、古本屋も古物商だ!」というひらめきにも似た
感情が沸き起こりました。
それがインターネット販売専門の古本屋をやってみようと思い立った、
「古本屋になったワケ」です。
それからは、神奈川古書組合のホームページをみて、勉強会にも参加しました。
その、勉強会が最終的に古本屋になろうと決断するため、最後に背中を
おしてくれたものです。
                   川崎支部 ブックスマイル 西野俊之
                        https://www.rakuten.co.jp/book-smile/
                   https://store.shopping.yahoo.co.jp/book-smile/


                          相模支部 ねこまんま堂
先日、古書店開業セミナーの際に、講師をして頂いた先輩のお話を
聞かせていただきました。
その中で「好きなもの(ジャンル)だけを扱うといったことだけでは、
商売は成り立たない。やはり、売れるものと売れないものがある」と
いうようなことを言われていました。

仰るとおりで、実際に売れるものと売れないもの(商売として成り立つか
否かという意味で)があるのは確かです。
その先輩は、日本文学が大好きで、かなりの蔵書をお持ちだそうです。
その話を聞きながら、
はて・・ならば私の「好きなもの」とは、いったい何だろうか?と考えました。
古書店を始められる方々の多くは(リサーチしたわけではないので「たぶん」)、
元々かなりの本好きで、きっと休みの日には神田などの古書店や即売会などに
足繁く通い自分の好きな本を買い集め、蔵書が増え、背を眺めながらほくそ笑む・・・
と、こんなイメージが湧くのです。

しかしながら
実は私にはそのような経歴はなく、「普通に本が好き」という程度なのです。
まぁ、しいて言えば子どもの頃から書棚に「本を並べる」のが好きでしたが。。
読むものも、「文学」というような大げさなものではない、軽めの小説、ミステリーや
ヒューマン系が好みで、専門書系は、その都度仕事で必要になったときだけ。
その程度の本好きが古本屋になったのですから、扱っているジャンルは専門性も
特色もなく雑多なもの。
多くの先輩方の造詣の深いお話を聞くたび、勉強不足の自分を恥じ入ります。

セミナーで講師をしてくださった先輩は、
「ただ、自分の好きなものは少しでもいいから取り扱って欲しい。
捨てないでください。また、市場では、多くの本が手に入ります。
その中では『こんな(良い)本がこんな安く手に入るのか』と、興奮する場面もあり、
それが古本屋の醍醐味でもあるのです。そうやって古本屋を楽しんでください」
とも言われました。

本当にそうだと思いました。
私の場合、時々、仕入れた本の中で惹かれるタイトルがあると手に取ります。
今まで、興味のなかった分野、未知の世界がそこにはあり、興味をそそられ、
「売るのはやめよう!」と私の書棚に納まります。
そうやって、今まで狭い世界の中に閉じこもっていた自分自身の世界が、
少しずつ広がってきました。
これも古本屋の醍醐味だと感じています。
自分で探し出すのではなく、
本の方が、私を選んで飛び込んできてくれるのですから。
その他にも、先輩の話は、現役の古本屋の私にとっても非常に勉強になる内容でした。

今回、私がセミナーで先輩の話を聞くことができたのは、
実は私が広報理事だからです。 (セミナーを企画・主催しております)
組合に新規加入すると、
まず一定期間「事業部員」として市場運営のお手伝いをしていただき、
また、いずれは持ち回りで「理事」や「支部長」など、組合の運営側の役職に就く
ことになります。
今期の理事になることが決まったとき、正直『自分の業務で手一杯なのに
理事の仕事なんて負担だな~面倒だな~』とマイナスのイメージが先行していました。
実際、自分の業務をこなしながら、理事として組合に出勤、仕事をするのは
大変なことです。
けれど、理事となって実感しているのは、私にとってプラスのことの方が
多いということ。
まだまだ新人の域を出ない私が、大先輩のお話を聞く機会が大幅に増えました。
一組合員の時には、中々そういったチャンスもありませんでした。
その会話の中には、有益な情報が多く含まれていて、色々なヒントが隠されて
います。

また、理事の仕事を通じて、業界の全体的な流れや方向性、法律的な情報などを
いち早く捉えることができます。
そして、与えられた仕事をこなす、ということが、これまでやったことのない仕事も
するので自分自身のスキルアップにもつながっていると感じています。

入会説明会などで、「加入後に組合のお役目もあります」とお話すると、
ちょっと引いてしまう方がいらっしゃいますが、特に新人の場合は勉強の場だと思って、
積極的に活動して頂きたいと思います。
本当に多くのことが学べ、自身の業務にプラスになるはずだと、私は思っています。

先日のセミナーに参加していただいた方の感想に
「しかし、やっぱり古本屋は楽しそう。」 とありました。

はいっ!
やっぱり古本屋は楽しいっ!!(本音)
                            相模支部 ねこまんま堂

2019年2月15日(金)に開催された古書店開業セミナーに
参加された方の感想を掲載させていただきます。

ご参加いただきました皆さま、お疲れさまでした!

**********************************

実際に開業されている方の、具体的なお話をお伺いでき、
自分が古本屋をこれからするにあたって、大変勉強になりました。
また、組合に入ることでどのようなことが出来るのかも
詳しく教えて下さり、古本屋を仕事としてやっていくイメージが
具体的に考えることができました。
たくさんの質問に答えて下さり、ありがとうございました。

U.K さん (男性)

**********************************

催事に限らず、古本屋開業に関わる様々なお話を聞けて、
大変有意義で楽しかった。
特に、好きなものだけで商売は成り立たないといったような
リアルなお話は、現実がどのようなものか分かり、大変ためになった。
現在会社員だが、いつかは古本屋を始めたいという思いがあり、
今回参加した、夢の部分だけでなく、現実を考えられるきっかけにも
なったことが、一番の収穫だったと思う。
しかし、やっぱり古本屋は楽しそう。

N.T さん (男性)

**********************************

実際の市場での入札の仕方や本の仕切りの話など、聞きながら
ワクワクしました。
開業するまでの資金や月々の売上といった、経営にまつわる話を
今後聞けたら嬉しいです。

U.T さん (男性)

**********************************

次回の古書店開業セミナー開催は4月12日(金)13:00~15:00の予定です。
また、来月3月8日(金)13:00~14:00は、入会説明会を行います。
是非、お気軽にご参加ください!!

このページのトップヘ