湘南支部 麦の秋書房
 昨年11月に神奈川古書組合に加入させていただきました麦の秋書房です。
店名の“麦の秋”は梅雨の始まるまでの、ちょうど今ごろの季節で、お客さんとの間に
この季節特有の爽やかな風が吹き抜けるような、そんな古書店になれたらいいなと
考え、店名としました。
組合からコラムのお題をいただいた。“古本屋になった理由”。私はこれを書くに当って
ハタと困りました。私には古本屋になった、あるいはなろうとするハッキリとした理由が
思い当たらないのです。このコラムを書くにあったって色々と思いだす作業をしてみた。
私は2002年からホームページを立ち上げて本を売るようになりました。ポツポツと
ネット古書店が出始めた頃でした。本を売るようになったのはそのことが刺激になったこ
とと、自分が面白そうだと思った本が世間の人にどの程度受け入れられるのか、試してみ
たかったからではないのかと、今ではそう思います。店名は今と同じ“麦の秋書房”。当時
はネット古書店が少なかったせいかよく売れたように記憶しています。いただいた注文品
はその日のうちに発送するように心掛けていましたから、会社から帰ってから発送作業で
す。注文品が見つからなくて朝の4時ごろまで捜したこともあります。荷物を24時間受
け付けてくれる郵便局の本局まで自転車で片道15分、冬は辛かったけれども今では懐か
しい想い出です。
ネット版の麦の秋書房もアマゾンが古書を扱うようになってから、何年か前からほとん
ど開店休業状態でした。3年ほど前にプロバイダーがホームページの公開を止めたのを機
に店を閉めました。営業していた10年ほどの間に、誰でも知っている銀幕の大スターの
蔵書の引き取りを経験したり(これは楽しく勉強になる経験だった)、常連さんができた
り、商売抜きの手紙のやり取りをするようなお客さんできたり、リンゴを送ってくれたお
客さんもいました。このような楽しかった記憶がプロの古本屋への後押しをしてくれたの
かもしれません。
古書組合に加入することと、古本屋になる、ということが同義であるならば、組合に加
入した理由は明確です。一つには本を売る場が欲しかったからです。日本の古本屋への出
品、交換会への出品、会館展・古書市への出店を考えました。二つにはある映画作家の自
筆物を掘り起こすことですが、これは実現性の薄い夢で終わりそうなことなので、ここで
は詳しくは書きません。
家の事情があって、おととしの12月に長年暮らしていた東京から神奈川県の湯河原町に
引っ越しました。その際にそれまでに集めていた本を全部移転させました。時間があれば
分別して、半分ぐらいには減らせたと思うのですが、その余裕がなかったのです。10キ
ロのみかんのダンボールで600箱ぐらいあったでしょうか。1箱に20冊入っていると
して12000冊。プロの古本屋さんから見れば大した量ではないのかも知れませんが、
ダンボールからすべて出してみたら、家じゅう本だらけになってしまってボーゼンとしま
した。
考えてみたら、私も今年の10月で70歳、いつどうなってもおかしくない年齢です。
もしそうなった時、この本たちの行く末が気になり出しました。何とか生きている間にみ
んなの行き先を見つけてやろうと思い立ったのでした。現在ネット販売での私の実力は月
に10冊程度、年間で120冊、12000冊をすべて売りさばくには100年かかって
しまいます。そこで、この100年を少しでも縮めるべく売り場を求めて組合に加入させ
ていただいた次第です。
しかしこの計画には解決しなければならない大きな問題があります。それは当店が神奈
川県の西のはずれの湯河原町にあること。きわめて地の利が悪い。交換会や会館展に出品
するにはクルマが必要であること。私は40年の間ペーパードライバーでしたから、東京
や横浜へ本をクルマで運ぶ自信がないのです。ただでさえ高齢者の事故が問題になってい
る今、その統計値に自分が1票を投じることは避けたいのです。当面は日本の古本屋に出
品してどの程度注文が来るのか様子を見てみようと考えています。
組合に加入して良かったなと思うのは、沢山の本を見ることができて、落札価格を知る
ことができてとても勉強になること。それと会員同士の関係が居心地の良いものであるこ
と。この道何十年で70歳になられる組合員の方は珍しくはないと思いますが、私のよう
にまるっきりの新米で、70歳の組合員はかなりの変わり種だと思います。そこで、古書
会館に出入りさせてもらうに当たり、危惧したのはかなり奇異な眼で見られるのだろうナ
、ということでした。しかしそれは杞憂に終わりました。皆さん普通に接してくださり、
分らないことは丁寧に教えてもらえた。話す口調も以前からの知り合いだったような自然
なものでした。これは本当に有り難かった。それと驚いたのは皆さんがとても明るいこと
です。会館のあちこちで笑い声がよく聞こえます。たぶん皆さんが好きなことを業として
いるからこそだと私は感じています。
組合に加入してから思惑と違ってきたかな、と思うことがある。会館に出入りさせても
らうようになって3か月、交換会の沢山の出品物を見ていると欲しい本が出てきます。入
札すると時には落札できる。そもそも在庫を減らすことを目指して組合に入れてもらった
のに、3か月前と比べると確実に在庫は増えている。この傾向はますますエスカレートし
そうな予感がある。早くクルマの問題を解決しなければ、と思い悩む今日この頃ではあり
ます。
本の入力に疲れると家の前にある、蜜柑の木が5-6本植わっているだけの畑に行って
草むしりをします。今は蜜柑の花の盛りで、花の香りに包まれて、泥だらけになって草む
しりをしていると、すぐ頭の上で鶯がホーホケキョと良い声を聴かせてくれます。すると
私は自然の一部の岩になったように擬態をして固まります。すると騙されてくれたのか、
鶯はしばらくの間頭の上で鳴いてくれます。疲れて少しでも身じろぎをすると、鶯は驚い
て逃げて行ってしまいます。しばらくすると遠くの方でまたホーホケキョと鳴く声が聞こ
えてきます。そのうち山鳩が餌をついばみながらトコトコと手の届きそうなところまでや
って来ます。あまり警戒心がない。春の浅いころに網にガンジガラメになっていた山鳩を
網を切って助けたことがある。ひょっとするとそいつかもしれない。それと分るように足
に目印のテープでも巻き付けておけば良かった・・・なんてノンキなことを書いています
が、私の頭の中は惨憺たる5月の注文状況で一杯です。10連休があったのである程度は
覚悟していたのですが。何とかしなければ。結局、草むしりをほどほどにして出品点数を
増やすしかないか。入力頑張ります。
                                                                                    湘南支部 麦の秋書房