『ガーンジー島がドイツに占拠された時代、その中で秘密にも読書会、
並びに食事会が開かれる。
時代の中を描くのではなく、戦争が過ぎ去った後、平和な世の中になってから
話は始まる。それも手紙という手段で。
そのせいか、話が今と昔に飛び飛び。
時折昔を思い出したかのような手紙が来る。各人体験した事は同じでも、
感じ方も思いも異なる。そこが面白い。
既に戦後70年以上経ってるのに未だに悪役に描かれるドイツ軍には少々食傷気味だが、
ドラマとしては良い緊張感をもたらしているとは思う。
リリージェームズが可愛い。
人を思う心があれば、寄り添うことが出来る、そんなことに気が付かせてくれる
温かい物語です。
                                                                                                  by  M.D.

                                     「ガーンジー島の読書会の秘密」公式サイト
20190628banar